ジャパンカップダートの展望

Posted under 中央重賞の展望 by admin on 木曜日 4 12月 2008 at 12:12 PM

芝のジャパンカップは,九番人気のスクリーンヒーローが勝ったものの,
馬連,三連複共に万券にはとどきませんでした。
でも,今週のジャパンカップダートは,万券に期待できそうです。
今年から阪神競馬場に舞台を移すため,過去のデータがあまりあてにならない。
つまり,予想に多分に紛れが生じます。
ということは,人気薄の馬が好走する可能性が高いといえるからです。
まあ,もともと一番人気の連帯率が80%,
三着以内に入る確立が90%ながら,二番は0%で,三番人気は10%程度。
何故か,七番人気が三着以内に50%の確立で突っ込んでくるし,
二桁人気が一着や二着に入ったこともあるレースです。
そうした荒れた展開のデータが,今年からは通用しないわけですから,
かなり難解なレースと考えていいと思います。
人気になるのは,サクセスブロッケン,ヴァーミリアン,フリオーソ,カジノドライブあたりでしょう。
続いてブルーコンコルドとサンライズバッカスあたりでしょうか。
気になるのは,初回三着と6回に一着の実績がある外国馬。
初の阪神開催ということで,日本馬に割り込んでくることも考えられます。
そのほか,長期療養から戻ってきたダート王カネヒキリ,冬将軍のメイショウバトラー,
交流戦ではフリオーソと互角に渡り合っているボンネビルレコードはもちろん,
伏兵は数多く潜んでいるようです。
[PR]

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.



コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.