しらさぎ賞の展望

Posted under 南関重賞の展望 by admin on 火曜日 28 4月 2009 at 5:04 PM

第46回 しらさぎ賞(SIII)
牝馬オープン
サラブレッド系 3歳以上 別定(重賞競走)
南関重賞でも数少ない1400m。
とくに浦和の1400mは,
ストレート勝負となりやすい印象があるようです。
さて,いつものようにおおまかなデータで,
買い目を考えたいと思います。
まず,騎手ですが,過去5年で,優勝経験があるのは
今回の中では,戸崎 圭太の勝率67%(?デザートレジーナ)だけです。
本当は内田博幸が80%だったんですけどね。
所属別では,船橋の連対率が31%で,三着以内が38%とだんとつ。
川?が連対率6%で,三着以内が17%。
大井は連対率0%ながら,三着以内25%。
今回は出走馬が多いですが,船橋所属馬から狙うのがよさそうです。
人気別では,二番人気が連対率80%,
三着以内100%で,ここが頭となりそうです。
相手は連対率と三着以内が60%の一番人気と
連対率と三着以内が40%の三番人気。
紐は各20%の五番人気と,三着以内14%の六番人気以下。
特に六番・七番・九番人気が気になります。
馬齢では,連対率33%の6歳と29%の5歳を重視。
4歳は紐でいいと思いますが,三着以内27%です。
前日オッズから,考えると,
?パフィオペディラムと?デザートレジーナ,?ロッキーダンサーの三頭から
?パノラマビューティ,?トキノミスオース,?ミスジョーカーへの流しで
勝負したいと思っています。
予算に余裕があれば,
?トーセントップラン,?ハタノギャラン,?インカローズも
おさえたいところですね。
[PR]

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.



コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.