マリーンCの展望

Posted under 南関重賞の展望 by admin on 水曜日 10 6月 2009 at 5:06 PM

マリーンカップ GIIIの展望
久々のユキチャンに注目の交流重賞「マリーンカップ」ですね。
過去6年の結果から考察すると,
JRA所属馬の連対率が20%,三着以内が24%。
案外低いように思えますが,
このレースに出走したJRA所属馬は24頭で,
南関各競馬場の所属馬より多いためです。
実際には昨年の第12回と第9回は,
三着までをJRAが独占し,
それ以外でも三着以内に2頭が入着いています。
南関では,船橋の連対率18%と,大井の三着以内33%
に注目です。

馬齢では,4・5・6歳の連対率が10?13%。
4・5歳は三着以内12%となっています。
気になるのは,7歳以上が連対率11%,三着以内12%
という数字です。
騎手では,安藤勝己,石崎隆之,内田博幸,
後藤浩輝,酒井 忍が勝率20%以上です。
何故か武豊の勝率は14%と低めですが,
今回は,安藤勝己,石崎隆之などは出てませんから,
武豊と内田博幸の一騎打ちですね。
人気別だと,
1人気の連対率20%,三着以内21%。
2人気の連対率17%,三着以内34%。
3人気の連対率18%,三着以内2%。
4人気の連対率34%,三着以内3%。
5人気の連対率17%,三着以内1%。
6人気以下の連対率3%,三着以内6%。
一番人気と四番人気から,7番人気までが狙いどころのようです。
以上から考えた予想はこちら。
◎?ユキチャン
○?メイショウバトラー
▲?ストーリーテリング
▲?ヤマトマリオン
▲?シスターエレキング
△?パフィオペディラム
△?パノラマビューティ
△?ミスジョーカー
△?ベルモントプロテア
こんな感じです。
[PR]

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.



コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.