第72回 桜花賞の展望

Posted under 中央重賞の展望 by admin on 日曜日 8 4月 2012 at 12:10 AM

久々に復活した「今週の展望」。
桜花賞の予想で、ここ3年は◎~▲の範囲であたっているものの、
堅めの結果ばかりなので、旨味には欠けるといった印象です。

改めて、レースのデータを見ると、

  • 前走がチューリップ賞で二着以内
  • 前走がチューリップ賞以外で一着
  • 前走がアネモネSとファルコンSは軽視
  • 重賞勝ち経験あり
  • 重賞二着かOP特別一着の経験があり、4着以下が無い
  • オッズでは、1~3番人気が連対しやすい
  • 脚質は速い流れなら追い込み、スローなら逃げ
  • 枠的には4枠よりも外

となっています。

人気で見ると、1番人気の連対率は70%で、三着以内は90%で、
軸としてはここから入るのがいいでしょう。

ちなみに、2番人気の連対率40%、三着以内40%。
そして、3番人気の連対率20%、三着以内20%。
その他は連対率10%以下で、4・5番人気にいたっては0%です。

オッズで見た場合、 1.0~1.9倍は連対率も、三着以内も100%で、
同じく、2.0~2.9倍も、連対率と三着以内共に100%。
つまり1.0~2.9倍に一頭しかいなければ、それが軸ということになります。

相手は、3.0~3.9倍と4.0~4.9倍あたり、
紐は3.0~3.9倍、7.0~9.9倍、10.0~14.9倍で、
おさえに、5.0~6.9倍を加えたいです。

レース経験では、昨年まで3~4戦の経験馬となっていましたが、
昨年までの10回で再検証すると、最近の傾向として
2戦以内と3戦が好走していることが分かります。

そういった意味では、レース経験が乏しくても、
重賞経験がある馬や上位入賞をしていれば、充分勝つ可能性があります。

枠順を見た場合、4・5・8枠の成績が高く、1・2・3・6枠の連対率は0%。
1・3枠は三着以内も0%です。
よほどの有力馬でない限り、内枠は軽視した方がいいでしょう。

荒れた2008年以降、ブエナビスタ、アパパネ、そしてホエールキャプチャと
そうそうたるメンバーが言っちゃうを飾っているし、
2007年もダイワスカーレットとウォッカのワン・ツー。
ジェンティルドンナやジョワドヴィーヴルが、そこまで達しているかどうか、
その判断で、狙い方も違ってきます。

また、逃げ馬が薄い面子なので、スローペースになるといわれ、
前残りもありそうですし、追い込みよりは刺し馬の方が有利な展開になりそうです。

やはり気になるのは、ヴィルシーナとサンシャインです。

そこで、印はこんな感じ、

◎ヴィルシーナ
○ジェンティルドンナ
▲ジョワドヴィーヴル
△サンシャイン
×パララサルー
×トーセンベニザクラ

土曜日の阪神牝馬が荒れた事で、こっちも荒れるような気がします。

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.



コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.