初心者のための投資競馬入門(5)

Posted under 初心者のための競馬入門 by admin on 金曜日 22 6月 2012 at 2:34 AM

自分なりの予想で、どの程度当たるかが分かったところで、
いよいよ、競馬新聞などの情報を活用していきましょう。

まずは、タイムに注目してみます。

重賞などは、毎年、同時期の同コースで行われることが多いので、
過去のレース結果を見れば、勝馬のタイムが分かります。
そして、三着に入るためのタイムもおよそ見当が付くわけです。

そこで、自分なりの予想で選んだ馬のタイムを
競馬新聞などで確認してみましょう。

同距離(できれば同コース)のタイムが、
過去10回で、三着以内に入った馬のタイムより遅い馬が
予想に含まれたいたら、その馬を外して、
より高タイムの馬を予想結果に加えてみます。

重賞や特別レースなら、過去10回のデータはJRAのHPなどで
簡単に確認出来ます。

一部の特別レースは、過去にさかのぼった検証ができないので、
前年以前の同時期に行われていたレースや、直近のレースで
条件が似ているもの10レース程度の結果からタイムを確認します。

この方法で、まず土曜日に、全場の9~11Rを予想してみてください。

その結果、自分なりの予想で選んだ5頭と、そこにタイムを加味した5頭で、
どちらが多く一着を当てることができるか、
そして3着以内に入る馬が多く含まれているかを比較してみましょう。

もし、タイムを加味した方が当たるようなら、あなたの予想に欠けていたのは、
持ち時計の情報だったことになります。

逆に、当たらなくなってしまったら、タイムを参考にするのはやめたほうがいいでしょう。

持ち時計は、勝馬を検討するうえで、重要なデータのひとつですが、
誰の予想にも必要なデータとは限りません。
というのも、速い馬が勝つのが競馬ではなく、強い馬が勝つのが競馬だからです。

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.



コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.