第11回 鎌倉記念の展望

Posted under 南関重賞の展望 by admin on 水曜日 17 10月 2012 at 5:30 PM

優勝馬には全日本2歳優駿への優先出走権が与えら、上位3着までの牝馬にローレル賞への優先出走権が与えられるなど、毎年デビューする地方所属馬にとっては、最初の大勝負といえます。

さて、過去5年の結果を見ると、

所属では、
船橋の連対率が38%で、複勝率も同じ、
浦和の連対率が20%で、複勝率も同じです。
複勝率だけを見ると、南関以外が26%で、
大井が22%で、川崎が22%となっています。

人気では、
1人気の連対率が50%で、複勝率が63%。
3人気の連対率が38%で、複勝率が50%。
5人気の連対率が25%で、複勝率が50%。
4人気は馬券になっていません。

昨年と一昨年は1人気は馬券に絡まず、
その前の3回はになっています。
1・2・3人気の2頭が絡んだのは一回だけで、
1・3人気のいずれかと5~10人気の組み合わせが多く見られます。

対戦成績で見ると、
アイディンゴッテスが相対的に有力で、
つづいてマハッバとウインゲイルとなり、
三番手としては、ササノハサラサラやハードクラップ、
スガキュールが目立っています。

そこで、事前オッズで考えると

◎10 クラグオー
○8 ミータロー
▲9 スガキュール
▲13 ウィンゲイル
△14 アイディンゴッテス
△13 ウィンゲイル
×7 ヒカリワールド
×6 ハードクラップ

といった具合になります。

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.



コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.