JBCの展望

Posted under 南関重賞の展望 by admin on 月曜日 5 11月 2012 at 10:00 AM

日曜日から始まった今週の川崎競馬は、
本日(月曜日)、JBC3レースとロジータ記念の4重賞。
たまに大荒れの高額配当が出る川崎競馬ですが、
ほとんどのレースはそれほど荒れません。

昨日(日曜日)の配当を見ても、
第4レースで馬複(馬連)配当が14,700円があったものの、
それ以外では6,000円台が一鞍あった以外は、2,000円前後がせいぜいで、
1,000円以下の配当も二鞍ありました。

本日も前半は、オッズに紛れが多く高配当が出る可能性がありますが、
第9レースのJPBレディスクラシック以降は、
それほど大きな配当は期待できないでしょう。

出走馬はこちら>>重賞登録馬 | 川崎競馬

昨年から始まったJBCレディスクラシックは、
2・1・6人気の決着となり、紐荒れながら馬複が130円、三連複は1,280円でした。
3頭ともJRA所属で、4・5・3歳馬。
同じ結果とは限りませんが、地方重賞の傾向とも合致するので、
今年もある程度は人気サイドでの決着となりそうす。
クィーンズバーンとアースサウンド、
ミラクルレジェンドあたりが軸といえそうです。

今年で12回目となるJBCスプリントは、過去5回で
馬複が万券となったのは5年前の一回で、それ以前にも万券は出ているものの、
ここ4年は1,000円台が一回で、あとは1,000円未満となっています。
三連複も同様で、万券一回、5,000円台一回、他3回は1,000円台です。
こちらも、JRA所属馬が2頭以上絡む結果ばかりで、
有力な地方馬一頭とJRA二頭の組み合わせが有力です。
ダイショウジェットとセイクリムズン、
タイセイレジェンドあたりが軸でしょう。

同じく12回目のJBCクラシックは、過去5回では万券が出ていません。
それ以前には万券となったこともありましたが、
ここ5年は、馬複の最高配当が1,330円、三連複は5,830円です。
しかも、フリオーソが2回絡んだ以外は地方馬は馬券ならず、
JRAの独占状態といっても過言ではありません。
シビルウォー、ソリタリーキング、ワンダーアキュート、
テスタマッタ、トランセンドから組み立てるといいでしょう。

いずれのレースも、紐荒れはありそうですが、高額配当は期待できないので、
馬複も三連複も2,000円台以下の配当が有力といえそうです。

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.



コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.