第57回 有馬記念の展望

Posted under 中央重賞の結果 by admin on 日曜日 23 12月 2012 at 12:40 PM

年末のグランプリレース有馬記念。
今年は翌日に阪神カップがあり、
その後は東京大章典も控えているので、
ここで負けても、後がありますが、
なぜか有馬記念で一年を清算する方が多いようです。

さて、過去10回の結果を見ると、
1人気が馬券になったのが8回で、
全て連対となっていて、3着はありません。

1人気と2・3人気いずれかが馬券になったのは5回。
2人気だけが馬券になったことが1回あります。
また、穴では14人気までが馬券になっています。

配当は、
馬連では、1千円以下が3回、1千円台が3回、1~2万円台が3回。
三連複は、1千円以下が1回、2~5千円台が4回、1~4万円台が3回、
そして7万円以上が2回となっています。

さらに詳しく見ると、
人気では、
1人気が勝率50%、連対率80%、複勝率80%。
2人気が勝率30%、連対率30%、複勝率30%。
3人気が勝率0%、連対率10%、複勝率30%。
4人気が勝率10%、連対率20%、複勝率20%。
5人気が勝率0%、連対率10%、複勝率10%。
6人気が勝率0%、連対率10%、複勝率30%。

穴では、7人気以下の複勝率が20%程度あります。

1人気を頭に、相手は4・5・6人気で、
紐は2・3人気が本線でしょう。
穴は7~14人気の範囲です。

オッズでは、
2倍台が勝率67%、連対率67%、複勝率67%。
1倍台が勝率33%、連対率100%、複勝率100%。
この範囲がが軸になります。
紐は、3~19倍台の範囲で、穴は20~99倍台でしょう。
ただし、10~14倍台は過去10回で一度も馬券になっていません。

馬齢では、
4歳が勝率19%、連対率25%、複勝率31%。
3歳が勝率8%、連対率18%、複勝率25%。
5歳が勝率3%、連対率9%、複勝率18%。

6歳は三着1回だけで、軽視したいです。
逆に、7歳以上は複勝率25%と侮れません。

馬番では、
1番が勝率30%、連対率40%、複勝率40%。
9歳が勝率20%、連対率30%、複勝率30%。

複勝率だけなら、6番が44%もあります。

比較的内枠有利で、15・16番は過去10回馬券になっていません。

脚質は
先行が勝率13%、連対率23%、複勝率38%。
逃げが勝率9%、連対率27%、複勝率27%。
差しの複勝率が20%ですが、やはり前が有利です。

出走間隔は、
中4週~中8週の成績が一番で、
中9週~半年、中3週が続きます。

連投や中1・2週、半年以上の休養明けは苦しいでしょう。

そこで予想は、

◎13ゴールドシップ
○2エイシンフラッシュ
▲10ダークシャドウ
▲3スカイディグニティ
△9ルーラーシップ
△14ビートブラック
△8トレイルブレイザー
△6オーシャンブルー
×1ローズキングダム
×4アーネストリー

こんな感じです。馬連や三連単なら、
ゴールドシップの二着付けが妙味でしょう。

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.



コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.