ユングフラウ賞の展望

Posted under 南関重賞の展望 by admin on 水曜日 13 2月 2013 at 2:15 PM

三着までに優先出走権が与えられる浦和桜花賞のトライアルレース。
3歳馬のトライアルとしては比較的硬い結果が多い。

これまで4回の馬複最低配当は180円、最高配当は4,520円で、
三連複最低配当が310円、最高配当は20,520円です。

最高配当は、第2回でユングフラウ賞で、3-9-4人気での決着でしたが、
5人気以下が馬券に絡んだのはこの一回だけです。

過去の結果を見ると、

所属では
船橋の勝率が18%、連対率27%、複勝率45%。
川崎の勝率が7%、連対率20%、複勝率27%。
大井の勝率が7%、連対率14%、複勝率21%。
浦和からの出走はありません。

船橋を頭に、相手は川崎で、紐は大井です。

人気別では、
1人気の勝率が50%、連対率50%、複勝率50%。
2人気の勝率が25%、連対率75%、複勝率75%。
3人気の勝率が25%、連対率25%、複勝率75%。
4人気の勝率が0%、連対率25%、複勝率75%。
そして、5人気は馬券になったことが無く、
6人気以下の複勝率が4%です。

軸は1・2・3人気の組み合わせから、4人気へ流すのが有力。
穴は6人気以下で、9人気までの範囲です。

対戦成績では、
オキナワレッド、イチリュウ、カイカヨソウ、
パパパノチョイナが高成績なようです。

距離成績では、
イチリュウ、ビーディフォースが高成績ですが、
1400mの出走経験が無い馬が殆どなので、
参考程度と考えた方がいいでしょう。

そこで予想は、

◎10カイカヨソウ
○8シーギリヤガール
▲11パパパノチョイナ
▲2オキナワレッド
△5イチリュウ
△9ビーディフォース
×1トチノスカーレット
×12ヒカリワールド

こんな感じです。

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.



コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.