第30回 フェブラリーステークスの展望

Posted under 中央重賞の展望 by admin on 土曜日 16 2月 2013 at 11:06 PM

ジャパンカップダートと並ぶ、ダート頂上決戦。
トランセンドは、ここで優勝後にドバイワールドカップで2着となり、エスポワールシチーも優勝経験がある。

過去10回のデータを見ると、

人気では
1人気の勝率が70%、連対率が70%、複勝率が80%。
3人気の勝率が10%、連対率が50%、複勝率が60%。
その他では、2人気の複勝率が40%、4人気が30%で、
10人気以下は複勝率が1%しかありません。

オッズでは、
2倍台の勝率が75%、連対率が75%、複勝率が100%。
1倍台の勝率が67%、連対率が67%、複勝率が67%。
5倍台の勝率が10%、連対率が40%、複勝率が70%。
その他では、複勝率が4倍台は50%、3倍台は40%で、
50倍以上は馬券になっていません。

馬齢は、
5・4歳が比較的高アベレージですが、
複勝率でも31%程度しかなく、
6歳や7歳以上でも11%以上なので、
若い馬にこだわるのは危険です。

馬番では、
14番の勝率が22%、連対率が33%、複勝率が33%。
12番の勝率が22%、連対率が22%、複勝率が22%。
15番の勝率が22%、連対率が22%、複勝率が44%。
10番の勝率が13%、連対率が25%、複勝率が50%。
その他では、複勝率が3番は33%、16番は25%、7番は22%で、
8番と11番は馬券になっていません。

脚質は
逃げ先行が有利ですが、
差しや追い込みも10%以上のアベレージがあります。

レース間隔は、
連闘、中1週、半年以上の休み明けは馬券になっていません。

そこで予想は、

◎14テスタマッタ
○10ワンダーアキュート
▲2グレープブランデー
▲11カレンブラックヒル
▲8イジゲン
△6エスポワールシチー
△16シルクフォーチュン
△7ガンジス

こんな感じです。

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.



コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.