第31回 中山牝馬ステークスの展望

Posted under 中央重賞の展望 by admin on 日曜日 10 3月 2013 at 2:50 PM

一昨年の優勝馬は単勝オッズ19.5倍、昨年が17.7倍で、
1番人気は2006年のヤマニンシュクル以来馬券にすらなっていません。
ハンデキャップ重賞らしく波乱が持ち味の万券等にはたまらないレースです。

過去10回の結果を見ると

人気別では、
1人気の勝率が20%、連対率が20%、複勝率が20%。
4人気の勝率が20%、連対率が20%、複勝率が30%。
3人気の勝率が10%、連対率が20%、複勝率が30%。
6人気の勝率が10%、連対率が20%、複勝率が20%。

その他、2人気の複勝率が10%、7~9人気が27%で、
5人気は馬券になっていません。

また、2006年以来1人気は馬券に絡んでいないことに注意です。

オッズでは、
2倍台の勝率が50%、連対率が50%、複勝率が50%。
4倍台の勝率が29%、連対率が29%、複勝率が29%。

その他、15.0~19.9倍と30.0~49.9倍の複勝率が35%で、
5倍~9倍台の複勝率が約20%です。

また、1倍台と3倍台は馬券になっていません。

馬齢では、
7歳の勝率が9%、6歳の連対率が16%
複勝率は6歳が27%、5歳が22%、4歳が13%。

馬番では、
3番の勝率が22%、連対率が22%、複勝率が44%。
10番の勝率が22%、連対率が33%、複勝率が33%。
5番の勝率が0%、連対率が33%、複勝率が33%。

その他では、4番の複勝率が33%で、
1・7・8・11・12番は22%です。

また、6・14・16番は馬券になっていません。

脚質は、
逃げの勝率が11%、差しの連対率が15%、追込の複勝率が16%。

レース間隔では
中4週~中8週の勝率が11%、連対率が15%、複勝率が24%。
中1週の勝率が0%、連対率が25%、複勝率が25%。

その他は複勝率20%以下で、連投と半年以上は馬券になっていません。

配当は
三連複の場合、2006年が7,260円で、それ以外は全て2万円以上。
馬連も10回中5回が万券となっています。

そこで予想は、

◎9オメガハートランド
○2フミノイマージン
▲4クイーンリヴィエラ
△12サンシャイン
△3フェータルローズ
△13アイスフォーリス
×11マイネイサベル
×10メイショウデイム

こんな感じです。

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.



コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.