ゴールドカップの展望

Posted under 南関重賞の展望 by admin on 水曜日 1 7月 2009 at 7:07 PM

第46回 ゴールドカップ(SIII)
昨年に,復活した重賞だけに,昔のデータはあてにはならないし,
前回だけのデータではどうにも検討のしようがないですね。
今開催で,昨日までの2日を見ると,
7R以降の1500mは3鞍あって,
29日は2・4・1人気,1・7・8人気
30日は12・4・2人気,となっています。
1・2人気辺りを軸にしつつも,薄く広くが基本のようですね。
特に昨日は12番人気が一着で,大波乱の高配当でした。
実際,昨年のゴールドカップは,
一着が1番人気,二着が4番人気,三着が7番人気でしたから,
4番人気と7番人気に注目するのも手かもしれません。
馬齢は一着二着が4歳,三着が5歳,
昨年の4歳と今年の4歳で,
どちらに力があるかが予想の鍵になりそうです。
JRAでは昨年の4歳世代,
今年の5歳のほうが評価が高いようですが,南関ではどうでしょう?
所属別では,
一着が大井,二着が浦和,三着が船橋ですが,
これはなんとも判断しようがありませんね。
ちなみに,昨年の優勝ジョッキーは,張田 京でした。
二着が的場文男,三着が石崎駿,四着戸崎圭太ですから
実力のあるジョッキーを狙うのはいつも通りでしょう。
さすがにこれだけの情報では,勝ち馬を推奨するのは無理なんで,
人気薄で狙いたい馬を上げておきます。
?ウツミランカスター,?トーセントップラン,?エスプリベン,
?ヴァイタルシーズ
この四頭を人気馬と絡めるといいかもしれません。
[PR]

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.



コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.